虫歯のメカニズム

虫歯について知る前に、まず、歯の構造が3層構造になっていることを知っておきましょう。

歯は、1つの硬い塊でできているのではないのです。前歯や奥歯は、歯の形こそ違うものの、歯の構造については同じです。虫歯の深さが、歯の内部の神経の部分に近づけば近づくほど、痛くなったりしみたりする症状がでてきます。奥歯などの場合は、歯に厚みがあるため、虫歯ができてから症状があらわれるまでに多少時間がかかる場合が多いようです。

虫歯ができる場所として注意しておかなければならないのは、歯と歯茎の境目あたりの虫歯です。この部分は、前歯であっても奥歯であっても比較的神経に近いため、虫歯が浅い状態でも歯の神経がダメになりやすいからです。虫歯になるメカニズムについてですが、歯の表面に虫歯菌の塊が粘着し、このプラークが食事のたびに栄養素を取り込んで、酸が放出されます。

放出された酸は、歯のエナメル質の内部に浸透していって歯を溶かし、硬い歯が、酸によって柔らかくなってしまいます。この歯が柔らかくなっている部分を虫歯というのです。そこに虫歯菌が侵入し、歯の内部への穴が連鎖し続けていきます。

このようにして、虫歯が進行していくのです。虫歯予防をするにあたって、必要なのは虫歯の原因を取り除くことだけではありません。虫歯の進行のメカニズムを上手に利用するという方法もあります。

また、虫歯の進行の度合いは、C1とかC2のように表現されます。C4まであり、それがもっとも進行した状態だと言えるでしょう。

▽特選サイト
虫歯が侵食して歯が無くなってしまった際はインプラント治療が効果的です。こちらは青山のインプラントクリニックです ⇒ インプラント 青山